ホーム > お知らせ早耳版 > 9月24日から30日は「結核予防週間」です

ここから本文です。

更新日:2017年9月1日

9月24日から30日は「結核予防週間」です

日本では、いまだ年間18,000人以上の方が新たに結核を発病しています。そのうちの約12,000人(66%以上)が65歳以上の年齢層の方です。
宗像・遠賀地域においては、新たに結核を発病した方の約70%が65歳以上でした。
結核の初期症状は、風邪とよく似ています。熱、たん、咳が長引く時は、結核を疑い早目に診察を受けましょう。
早期発見は、本人の重症化を防ぐだけでなく、大切な家族や周囲の方への感染拡大を防ぐためにも重要です。

こんな時は病院へ

1.咳が2週間以上続く
2.タンが出る
3.急に体重が減る
4.体がだるいなど

どうやって感染するの?

咳やくしゃみで空気感染する病気です。

結核の予防

1.適度に運動する
2.睡眠を十分にとる
3.好き嫌いをせずにバランスのとれた食事をする
4.タバコを吸わない
※2週間以上咳やたんが続くようであれば、医療機関を受診しましょう

福岡県ホームページ(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

所属課室:保健福祉部健康増進課健康係(保健センター)

中間市蓮花寺三丁目1番6号

電話:093-246-1611

ファクス:093-246-3024