ホーム > お知らせ早耳版 > 児童扶養手当の支給誤りについて

ここから本文です。

更新日:2019年3月22日

児童扶養手当の支給誤りについて

本市では、児童扶養手当法に基づき、児童扶養手当の支給事務を行っています。

この度、62名の方の児童扶養手当に誤支給(過払い)があったことが判明しました。

当該受給者の方に多大な御迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

1.概要と経緯

(1)平成31年2月8日、本市において事務処理を行っている際に児童扶養手当額について疑義が生じました。

(2)システム運用保守業務委託業者が調査したところ、平成30年8月の制度改正に伴うプログラムでの児童扶養手当の算出に誤りが生じ、平成30年12月11日に支給を行った児童扶養手当のうち62名の方に誤支給(過払い)があったことが判明しました。

(3)原因は、システム運用保守業務委託業者による一部支給額を算出するための係数変更が行われておらず、制度改正前の係数を用いて算出したことによります。

(4)当該受給者に対して、お詫びするとともに、過払い額の返還をお願いすることとしております。

2.誤支給額の影響額

合計94,710円(最少額 40円、最高額 3,520円)

3.再発防止策

システムのプログラム改修後には、担当者による手当算出額のダブルチェックを徹底し、システムの改修漏れを防ぎます。

お問い合わせ

所属課室:保健福祉部こども未来課子育て係

中間市中間一丁目1番1号

電話:093-246-6248

ファクス:093-244-0579