ホーム > お知らせ早耳版 > 子ども及び妊婦へのインフルエンザ予防接種助成について

ここから本文です。

更新日:2020年10月30日

子ども及び妊婦へのインフルエンザ予防接種助成について

この冬の新型コロナウイルス感染症と季節性インフルエンザの同時流行を防ぐため、小学生、中学生、高校生及び妊婦へのインフルエンザ予防接種費用の一部を助成します。

ワクチンを接種して、効果が期待できるまでに2~3週間かかります。接種を希望する方は、できるだけ12月中旬までに接種しましょう。

対象者

予防接種時において中間市に住民登録のある、以下のいずれかの方

  1. 小学生、中学生及び高校生
  2. 妊婦

実施期間、助成金額、助成回数

実施期間:令和2年10月1日から令和3年3月31日まで

助成金額(上限)

  1. 小学生、中学生及び高校生は2,000円
  2. 妊婦は3,000円

助成回数:対象者1人あたり1回

手続きの流れ

  1. 医療機関へ予約し、インフルエンザワクチンを接種する。
  2. 医療機関の窓口で、一旦費用を全額支払い、領収書を受け取る。
  3. 中間市保健センター又は中間市役所健康増進課の窓口で、必要書類を添付のうえ申請する。
    (郵送でも申請できます。)
    ※申請期限は令和3年3月31日まで(郵送の場合は必着)
  4. 手続き後、請求書に記載された口座に助成金が振り込まれます。

申請に必要なもの

申請書

申請書の様式(PDF:52KB)

申請書記入例(PDF:165KB)

★領収書(原本)

領収書は、接種ワクチン名、予防接種費用、接種を受けた方の氏名及び接種日が記載されているものに限ります。

領収書に接種ワクチン名及び接種を受けた方の氏名が記載されていない場合は、予防接種の記録が記載されているもの(母子健康手帳又は予防接種済証等)が別途必要となります。

提出された領収書は返却できません。

振込先がわかる書類等(預金通帳、キャッシュカード又はその写し)

★申請者(請求者)の印鑑(シャチハタ等の印鑑は不可)

助成金の受領に関する委任状

委任状の様式(PDF:29KB)

委任状記入例(PDF:100KB)

振込先の口座名義人が接種を受けた方又は申請者(請求者)と異なる場合に必要です。

母子健康手帳

※接種を受けた方が妊婦の場合に必要です。

高校生であることが分かるもの(学生証等)

※接種を受けた方が高校生の場合に必要です。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:保健福祉部健康増進課健康係(保健センター)

中間市蓮花寺三丁目1番6号

電話:093-246-1611

ファクス:093-246-3024