ここから本文です。

更新日:2021年1月15日

ClickHoldings株式会社と連携協定を締結

令和3年1月15日(金曜日)、中間市はClickHoldings(クリックホールディングス)株式会社(代表取締役:半沢龍之介氏)と包括連携協定(以下「本協定」)を締結しました。

本協定では、同社が持つさまざまな先進技術やノウハウを最大限に活用し本市が抱えるさまざまな課題の解決を目指し、以下の10項目を掲げています。

  1. 地域活性化に関すること
  2. 雇用振興に関すること
  3. ふるさと納税に関すること
  4. eスポーツに関すること
  5. 中間市政のPRに関すること
  6. メディアに関すること
  7. 映像及び音楽制作に関すること
  8. 観光推進に関すること
  9. SDGsに関すること
  10. その他、両者が協議により必要と認めること

「雇用振興」として、チェーンレス自転車を製造する工場を中間市内に建設していただき、地域における雇用確保を図ります。
また、この自転車を特産品として「ふるさと納税」返礼品とすることで、納税額増を目指していきます。
「eスポーツ」「メディア」に関する協力として、eスポーツ大会やゲームPRの一環としたメディア向けのキャラクターイベントを中間市内の会場で開催したいと考えます。

さらに、同社からは中間市に新型コロナウイルス感染症抗体検査キットを無償提供していただく予定です。このキットを中間市が医療機関に提供し、各賛同医療施設において無償検査を実施できるように進めております。

20210115協定書調印20210115協定式2
協定書に署名する福田市長とオンラインで出席したClickHoldings株式会社の半沢龍之介代表取締役社長