ホーム > 中間市の未来のまちづくりに向けた取り組みを紹介します > あんしん安全な「飲食のまち」を目指す連携協定を締結

ここから本文です。

更新日:2021年10月25日

あんしん安全な「飲食のまち」を目指す連携協定を締結

20211025kyoutei1令和3年10月25日(月曜日)、中間市は市内の飲食店の衛生管理のさらなる向上を通じて飲食業界を支援するため、中間商工会議所、株式会社HACCP(ハサップ)ジャパン、楽天コミュニケーションズ株式会社と「あんしん安全な『飲食のまち』を目指す連携協定」を締結しました。

(写真左から、株式会社HACCPジャパン・平嶋琢巳代表取締役、福田健次市長、楽天コミュニケーションズ株式会社・金子昌義代表取締役社長COO、中間商工会議所・日高教夫会頭)

新型コロナウイルス感染症流行に伴い、飲食業界における衛生管理への意識が高まる中、今年6月に施行された改正食品衛生法により、食品を扱う原則すべての事業者に対して、国際標準であるHACCPに沿った衛生管理が義務化されました。
本協定により、早急な対応が求められる市内の飲食店を4者が連携して支援することとなり、市内の飲食店の総合的な衛生レベルのさらなる向上を目指します。

楽天コミュニケーションズは、市内の対象飲食店に対して、食品衛生管理クラウドサービス(SaaS)「あんしんHACCP」(注1)を令和4年3月末まで無償提供します。
また、HACCPジャパンは、「あんしんHACCP」を用いて、HACCPに沿った衛生計画の作成や管理運用の指導を行い、安心安全な店舗運営を支援します。具体的には、飲食店舗内の菌数検査を無償で実施し、厨房や空間衛生の状態を可視化、数値に基づいた衛生状態の改善を支援します。

これらの取り組みにより、4者は本協定を通じて、本市の飲食業界を支援することで安全安心なまちづくりを目指していきます。

注1)厚生労働省の定める「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理の手引書」を参考に設計された、楽天コミュニケーションズが提供するHACCPに沿った衛生管理方法の設計・運用を簡単に行うことができるクラウドサービス。

楽天コミュニケーションズが提供する「あんしんHACCP」 HACCPジャパンが用いる衛生状態を可視化する機材