ホーム > お知らせ早耳版 > 児童手当現況届について

ここから本文です。

更新日:2016年6月1日

児童手当現況届について

平成28年6月分以降の児童手当の支給を継続するための手続である「現況届」の申請をお願いします。この手続は、児童手当受給者やその配偶者の前年の所得の状況、6月1日における状況等を確認するためのものです。


現況届を提出しなければ、平成28年6月分以降の児童手当の支払を受けることができなくなります。必ず受付期間内に申請してください。

受付期間

平成28年6月13日(月曜日)から平成28年6月30日(木曜日)まで
※平成28年6月16日(木曜日)と23日(木曜日)は、夜間受付を実施します

(夜間受付は17時30分から20時まで)

受付会場

中間市役所本館地下1階第1会議室
※夜間受付会場は、中間市役所1階こども未来課窓口です

提出書類等

  • 児童手当・特例給付現況届
  • 印鑑(シャチハタ不可)
  • 児童手当受給者本人の保険証の写し(現況届用紙の裏面に糊付けしてください)
    ※受給者が厚生年金や共済年金に加入している場合のみ必要です
    国民健康保険であれば、保険証の写しは不要です
  • その他必要書類(以下に該当する方のみ必要です)
  1. 平成28年1月1日現在、中間市に居住していなかった方(受給者の配偶者も含む)
    平成28年度所得課税証明書(平成28年1月1日現在居住していた自治体で発行されます)
  2. 児童と別居(住民票の住所が異なる)している場合
    →(1)申立書
    (2)児童が中間市外に居住している場合は、その児童がいる世帯全員が記載された住民票
    ※記載事項の省略がなく、平成28年6月1日以降に発行されたもの
  3. 児童手当受給者の実子でない児童を養育している場合
    申立書

その他

  • 郵送による申請は受付できません。市役所での申請をお願いします。
  • 平成24年6月分の児童手当から所得制限が導入されました。これに伴い、児童手当の受給者とその配偶者の所得も確認します。受給者の所得より配偶者の所得が多い場合は、平成28年6月分から受給者を変更することがあります。
  • 所得制限を超過した場合は「特例給付」に該当し手当額は、一律5,000円です
  • 平成27年中の収入の申告が済んでいない場合は、所得の確認ができず、現況届の受付ができません。現況届の手続までに、受給者とその配偶者の平成27年中の収入の申告を済ませておいてください。
  • 【参考】児童手当現況届記入例(PDF:147KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:保健福祉部こども未来課子育て係

中間市中間一丁目1番1号

電話:093-246-6248

ファクス:093-244-0579