ホーム > お知らせ早耳版 > JR中間駅及び筑前垣生駅における駅遠隔ご案内システム及び架線式蓄電池電車の導入について

ここから本文です。

更新日:2017年2月10日

JR中間駅及び筑前垣生駅における駅遠隔ご案内システム及び架線式蓄電池電車の導入について

駅遠隔ご案内システムの導入について

JR九州では、JR筑豊本線(若松駅から新入駅間、折尾駅を除く)の各駅に監視カメラとインターホンを設置し、専属のオペレーターが遠隔操作でお客さま支援を行ったり、必要に応じてサポートスタッフが乗り降りのお手伝いをする新しい駅サービスを開始いたします。

このJR九州の新しい駅サービスの導入により、駅係員は常駐しなくなることから、中間市としましては、市民の皆様の駅利用の利便性が低下することを懸念し、平成28年12月8日に市議会が要望書を提出、そして、平成28年12月15日と19日に住民説明会を開催し、今後の駅の運営体制について、JR九州の担当者から説明を受けました。その説明会での市民の皆様のご意見を取りまとめて、平成29年1月6日に松下俊男市長が「駅利用の不安解消及び、定期券・遠距離切符・ICカードの購入等が今までどおりできるよう」要望書を提出いたしました。

平成28年12月に開催した住民説明会でのご意見や各団体からの要望書の提出等の活動により、中間駅につきましては、下記の時間帯において、窓口を開設することとなりました。

詳しくは、駅に掲出するお知らせポスター等をご参照ください。

 

駅遠隔ご案内システム導入開始日

平成29年3月4日(土曜日)

中間駅窓口開設時間帯

午前6時30分から午前8時30分まで (2時間)

お問い合わせ先

今後の駅利用について

JR九州 筑豊篠栗鉄道事業部

電話 0949-22-0985

市役所担当課について

中間市役所住宅都市交通対策課

電話 093-246-6155

 

 架線式蓄電池電車(DENCHA)の導入について

JR九州では、平成29年春のダイヤ改正から、架線式蓄電池電車を追加導入し、若松駅から折尾駅間での運行に続き、筑豊本線(折尾駅から直方駅間)において運行を開始いたします。この車両は、省エネ効果を実現した車両であり、従来と違い、ご利用のお客様自身がドアの開閉をボタン操作にて行う様になっております。

詳しくは、駅に掲出するお知らせポスター等をご参照ください。

運行開始日

平成29年3月4日(土曜日)

お問い合わせ先

JR九州 筑豊篠栗鉄道事業部

電話 0949-22-0985

 

 

お問い合わせ

所属課室:総合政策部住宅都市交通対策課交通対策係

中間市中間一丁目1番1号

電話:093-246-6155

ファクス:093-245-5598