ホーム > お知らせ早耳版 > 平成29年就業構造基本調査の実施について

ここから本文です。

更新日:2017年9月1日

平成29年就業構造基本調査の実施について

就業構造基本調査とは、国民の就業・不就業の状態を明らかにし、全国及び地域別の就業構造に関する基礎資料を得ることを目的とした統計調査です。

調査の期日

平成29年10月1日(日曜日)午前零時現在

調査の地域

中間市では、中央三丁目、扇ケ浦四丁目、池田一丁目、土手ノ内一丁目、長津二丁目、岩瀬三丁目、通谷二丁目に居住する約400世帯が調査対象となっています。(※全ての世帯が調査対象ではありません。)

お住まいの地域が調査対象となりました場合は、福岡県知事が任命した調査員が、8月下旬以降、皆様のお宅に伺いますので調査の趣旨をご理解いただき、ご回答をお願いいたします。

調査の流れ

総務大臣→都道府県知事→市区町村長→指導員→調査員→調査世帯

調査方法

調査員が調査票を世帯ごとに配布し、世帯がインターネット(スマホ)で回答する方法又は調査員へ調査票を提出する方法により実施します。

結果の公表

調査結果は、独立行政法人統計センターにおいて集計を行い、総務省統計局が取りまとめを行った上で、平成30年7月末日までにインターネットで公表する予定です。

かたり調査(詐欺行為)の注意

かたり調査(詐欺行為)にご注意ください。調査員は、顔写真入りの調査員証を携帯しています。調査票の配布・回収において、金銭を要求することは一切ありません。

お問い合わせ

所属課室:総合政策部企画政策課企画係

中間市中間一丁目1番1号

電話:093-246-6234

ファクス:093-245-5598