ホーム > お知らせ早耳版 > 「中間市部落差別をはじめあらゆる差別の解消の推進に関する条例」の施行について

ここから本文です。

更新日:2019年4月1日

「中間市部落差別をはじめあらゆる差別の解消の推進に関する条例」の施行について

中間市では、平成10年に「中間市人権擁護条例」を制定し、人権施策を推進し基本的人権を擁護するため総合的な対策を図ってまいりました。
平成31年4月1日から「中間市人権擁護条例」の一部が改正され、「中間市部落差別をはじめあらゆる差別の解消の推進に関する条例」として施行となりました。
この改正条例は、平成28年に国の「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」、「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律」、「部落差別の解消の推進に関する法律」が公布、施行されたことを受け、中間市においても、これらのような国の動向及び本市の事情を踏まえ、条例の目的に今一度立ち返り、部落差別をはじめ、女性、高齢者、障がい者に対する差別その他あらゆる差別や人権侵害をなくし、差別のないまちを実現することを目的としています。
改正の主な内容としては、条例の目的を達成するため、市民や事業者による差別行為を禁止することや中間市役所をはじめとする市内事業所での研修や啓発活動の実施を事業者の努力義務とすることを定めています。
また、差別解消のための施策の策定や推進に反映させるため、必要に応じて実態調査や意識調査を実施すること、市民等の人権意識の高揚のため、人権教育の推進と啓発活動を行うこと、あらゆる差別や人権侵害に関する相談に的確に応じる体制を整備し、充実させること等の市の責務につきましても、新たに定めています。

 

「中間市部落差別をはじめあらゆる差別の解消の推進に関する条例」(PDF:53KB)

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:市民部人権男女共同参画課人権政策係

中間市岩瀬一丁目17番1号

電話:093-245-3511

ファクス:093-245-3519