ホーム > お知らせ早耳版 > 福岡県指定文化財「垣生羅漢百穴」崩落による注意喚起

ここから本文です。

更新日:2016年2月10日

福岡県指定文化財「垣生羅漢百穴」崩落による注意喚起

いつも中間市の文化財行政にご理解ご協力を賜り誠にありがとうございます。

さて、中間市垣生公園内に、古墳時代後期の墳墓群、福岡県指定文化財「垣生羅漢百穴」がございますが、約1500年という長い年月により風化し、一部の墳墓で天井部の崩落等が発生しております。

地域住民の信仰の場として墳墓内に仏像等が安置されていることもあり、これまで一部の墳墓は入口を閉じずに、開口したままにしておりましたが、上記のとおり危険性が増したため、特に危険性が高い墳墓については、土嚢を積み、墳墓内に入れないような処置をいたしました。

ただ、垣生公園内にはまだ開口している墳墓が多数あります。これら開口している墳墓については、すぐさま崩落する可能性は低いものの、中に入らないよう注意喚起の看板設置とチェーンによる規制を行っている状況です。

このように当課で対策はしておりますが、万が一のことを考慮し、絶対に墳墓の中に入らないようにしてください。ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

1

崩落した横穴墓

お問い合わせ

所属課室:教育部生涯学習課社会教育係

中間市蓮花寺三丁目1番1号

電話:093-246-6224

ファクス:093-246-0277