ホーム > お知らせ早耳版 > PCBを含む機器が残っていませんか?(事業者の方向け)

ここから本文です。

更新日:2015年10月28日

PCBを含む機器が残っていませんか?(事業者の方向け)

福岡県では、「福岡県ポリ塩化ビフェニル廃棄物処理計画」に基づき、県内ポリ塩化ビフェニル廃棄物(以下「PCB廃棄物」という。)の早期かつ計画的な処理を進めるため、PCB廃棄物を保有する事業者様に対して、県への届出と早期適正処理についてお願いしているところです。

工場、店舗などにある古い電気機器(昭和47年ごろまでに製造されたトランス、コンデンサ、業務用蛍光灯の安定器など)には、環境と人体に極めて有害なPCBが含まれている可能性があります。事業者の皆様は、念のため確認してください。

高濃度PCB廃棄物の処理期限

高濃度PCB廃棄物の種類

計画的処理完了期限

高圧トランス・コンデンサ等

平成31年3月

安定器等・汚染物

平成34年3月

参考

ポリ塩化ビニフェル(PCB)廃棄物の適正な処理に向けて(外部サイトへリンク)

PCB含有機器を保管している事業者の方へ(安定器解体関連)(外部サイトへリンク)

お問い合わせ先

宗像・遠賀福祉環境事務所(TEL:0940-36-6322)

福岡県庁ホームページ(http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/pcb.html)

お問い合わせ

所属課室:環境上下水道部環境保全課衛生美化係

中間市中間一丁目1番1号

電話:093-245-5300

ファクス:093-244-1317