ホーム > 微小粒子状物質(PM2.5)に関する注意喚起の判断方法の追加について

ここから本文です。

更新日:2013年12月10日

微小粒子状物質(PM2.5)に関する注意喚起の判断方法の追加について

環境省において、微小粒子状物質(PM2.5)に関する『注意喚起のための暫定的な指針』に係る判断方法の改善について取りまとめられ、福岡県では12月6日(金曜日)から、従来の早朝の判断に加え、午後の早い時間にも注意喚起の判断を行うこととしました。

 

注意喚起のための判断方法の追加

12月6日(金曜日)以降、次の2段階で注意喚起を行います。

1.午前中早めの時間帯での判断(従来から変更なし)

各地域のPM2.5測定局の内、1測定局でも午前5時、6時、7時の1時間値の平均値が

85µg/立方メートルを超過した場合

→暫定指針値(70µg/立方メートル)を超えると予測し、午前8時を目途に地域ごとに注意喚起を実施

 

2.午後からの活動に備えた判断(新たに追加)

各地域のPM2.5測定局の内、1測定局でも午前5時から12時の1時間値の平均値が

80µg/立方メートルを超過した場合

→暫定指針値(70µg/立方メートル)を超えると予測し、午後1時を目途に地域ごとに注意喚起を実施

 

注意喚起の方法

福岡県ホームページに注意喚起情報を掲載

防災メール「まもるくん」による注意喚起を実施

報道機関に対する注意喚起情報の提供

市町村、関係機関等への通知

 

注意喚起時の行動の目安

不要不急の外出や野外での長時間の激しい運動をできるだけ減らす。

換気や窓の開閉を最小限にし、屋内への外気の侵入をできるだけ少なくする。

 

福岡県ホームページでPM2.5の速報値等の情報を公開しています。

URL:http://www.pref.fukuoka.lg.jp/c01/pm25-tyuuikanki.html

お問い合わせ

所属課室:環境上下水道部環境保全課環境保全係

中間市中間一丁目1番1号

電話:093-246-6265

ファクス:093-244-1317