ホーム > お知らせ早耳版 > JR筑豊本線(若松から折尾間)への架線式蓄電池電車の導入について

ここから本文です。

更新日:2016年10月7日

JR筑豊本線(若松から折尾間)への架線式蓄電池電車の導入について

JR九州では、次世代の車両として架線式蓄電池電車を10月から導入致します。

また、今回運行を開始する車両には、車内の冷暖房効果を高めるため、スマートドア(押しボタン式開閉ドア)が導入されており、駅到着後、お客さま自身がドアの開閉をボタン操作にて行うようになっております。

※スマートドアについては、こちらをご覧ください。

※運行時刻については、こちらをご覧ください。

運行開始日

平成28年10月19日(水曜日)

運行区間

筑豊本線(若松線)若松から折尾間

運行列車

上記区間を1日あたり4往復運行

お問い合わせ先

九州旅客鉄道株式会社 筑豊篠栗鉄道事業部

電話:0949-22-0985

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:総合政策部住宅都市交通対策課交通対策係

中間市中間一丁目1番1号

電話:093-246-6155

ファクス:093-245-5598