ホーム > 知りたい中間市 > ふるさと納税

ここから本文です。

更新日:2019年6月19日

ふるさと納税

中間市は、市民の元気がまちの元気という想いを込めて、「元気な風がふくまちなかま」をキーワードに「子育て支援と教育環境の整備」、「世界遺産を活用した観光の振興」、「経済の活性化と生活の支援」そして「快適な暮らしを支える社会基盤の整備」の4つの大きな柱を施策目標にまちづくりを進めています。私たちのふるさと「なかま」が取り組む魅力あるまちづくりにご賛同いただける方でしたら、中間市ご出身の方に限らずどなたでも寄附することができます。
みなさまからの応援を心からお待ちしています。

ふるさと納税の意義とは

 「ふるさと納税」制度は、自分が応援したい自治体に「寄附」をする制度です。
納税者が寄附先を選択するからこそ、その使われ方を考えるきっかけとなり、税に対する意識の高まりと、納税の大切さを自分ごととしてとらえる貴重な機会になります。
生まれ故郷はもちろん、お世話になった地域に、これから応援したい地域へも力になれる制度であり、ふるさと納税を活用することで、人を育て、自然を守る、地方の環境を育む支援になります。
自治体が国民に取組をアピールしふるさと納税を呼びかけることで、自治体間の競争が進み、選んでもらうに相応しい、地域のあり方をあらためて考えるきっかけへとつながります。

ふるさと納税の使い道について

中間市では、ふるさと納税を通じていただいた寄付金を、下記の『ふるさと納税の使い道』に活用させていただきます。ふるさとを活性化することで、みなさまの笑顔の輪を広げられるよう、いただいた想いを大切につないでまいります。
中間市の住民たちが思い描き、創出しようとしている「ふるさとの未来像」に共感をいただいたり、まちづくりへの姿勢や施策に賛同してくださる方は、ぜひ、寄付先を生まれ故郷以外からも自由に選べる、ふるさと納税の利用をご検討ください。

『ふるさと納税の使い道』
1.世界遺産保全活用 世界文化遺産に登録された官営八幡製鐵所「遠賀川水源地ポンプ室」関連事業
2.観光資源の発掘、観光事業の活性化 フットパス事業、観光拠点の整備等
3.子育て対策事業の充実 保育料軽減、乳幼児・児童医療費公費負担拡充等
4.地域経済の活性化事業の充実 プレミアム付商品券の発行、まつり事業等
5.教育環境の充実 給食無償化、35人学級の拡充等
6.使途の指定希望を行わない 中間市へ使途を一任(記念事業など)

お礼品のご案内

中間市では、寄付者の皆様へ感謝の気持ちを込めて、寄付金額に応じて、中間市の特産品の中からご希望の1点をお礼品として贈呈いたします。中間市のまちづくりにご支援をよろしくお願いいたします。

お礼の品リストは下記サイトへ

ふるさと納税サイト さとふる(外部サイトへリンク)

関連リンク

ふるさと納税ポータルサイト(外部サイトへリンク)

確定申告書等作成コーナー(外部サイトへリンク)

政府インターネットテレビ(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

所属課室:市長公室企画政策課企画係

中間市中間一丁目1番1号

電話:093-246-6234

ファクス:093-245-5598