ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 高齢者福祉 > 在宅医療・介護連携推進事業について

ここから本文です。

更新日:2018年5月10日

在宅医療・介護連携推進事業について

在宅医療・介護連携の推進

中間市では、医療と介護の両方を必要とする状態の高齢者が、住み慣れた地域で自分らしい暮らしを続けることができるよう、遠賀中間地域において、遠賀郡4町・中間市と医師会等で「遠賀中間地域在宅医療介護連携推進協議会」を立ち上げて、地域における医療・介護の関係機関が連携し、必要とされるサービスを切れ目なく提供できる仕組みを作ることに取組んでいます。

  1. 地域の医療機関、介護事業所の機能等について、取りまとめてリストを作成し、医療・介護の関係者向けに遠賀中間医師会 在宅総合支援センターのホームページ上で公開しています。
  2. 地域における課題を抽出し、対応策を検討して、解決へ向けた取組みを行っています。
  3. 入退院時の情報共有シートを作成し、医療・介護の関係者の情報の共有を支援しています。
  4. 医療・介護の関係者が、多職種連携のためグループワーク等の研修会や医療関係者に介護に関する研修会、介護関係者に医療に関する研修会を開催しています。
  5. 地域住民に向けた講演会や出前講座を開催し、啓発・普及に努めています。
  6. 在宅医療・介護に関する総合的な相談窓口を遠賀中間医師会 在宅総合支援センターと地域包括支援センターに設置し、住民のみなさんや医療・介護の関係者からの相談を受付けています。

在宅医療・介護資源情報

中間市・遠賀4町の医療関係施設や高齢者サービス施設の一覧を作成しました。

関連リンク

遠賀中間医師会在宅総合支援センター(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

所属課室:保健福祉部介護保険課高齢者支援係

中間市中間一丁目1番1号

電話:093-246-6278

ファクス:093-244-0579