ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 障がい者福祉 > 心身障害者扶養共済制度

ここから本文です。

更新日:2012年4月1日

心身障害者扶養共済制度

障がいのある人を扶養している保護者が、生存中に毎月一定額の掛け金(年齢によって7段階に異なる)を納めることにより、保護者に万一(死亡・重度の障がい)のことがあったとき、障がいのある人に終身一定額の年金(一口2万円・二口まで)を支給する制度です。

障がいの範囲

  1. 知的障がい者(児)で療育手帳AおよびBの人
  2. 身体障がい者(児)で身体障害者手帳1級から3級に該当する人
  3. 精神または身体に永続的な障がいのある人で、1または2と同程度と認められた人(精神病・脳性麻痺・進行性筋萎縮症・自閉症・血友病等)

加入資格

障がいのある人を現に扶養している65歳未満の保護者であって、特別の疾病または障がいのない人

掛金補助制度

加入者のうち、下記のいずれかに該当する人については、掛け金の一部を助成します。

  1. 生活保護世帯
  2. 市民税非課税世帯
  3. 市民税均等割のみ課税世帯
  4. 災害により生計の維持が困難となった世帯

問合先

福祉支援課障がい者福祉係

お問い合わせ

所属課室:保健福祉部福祉支援課障がい者福祉係

中間市中間一丁目1番1号

電話:093-246-6282

ファクス:093-244-0579

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?