ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 障がい者福祉 > 交通機関などの減免、自動車に関する助成

ここから本文です。

更新日:2012年4月1日

交通機関などの減免、自動車に関する助成

 JR、私鉄、バス、タクシー、国内航空路線などの運賃の割引

身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の提示などで、運賃が割引されます。(※精神保健福祉手帳の提示で運賃が割引になるのは、福岡県内では平成筑豊鉄道株式会社と甘木鉄道株式会社のみです。)

問合先

各交通機関

 有料道路通行料金の割引

身体障害者手帳または療育手帳を交付されている人や、その介護者が運転する自動車は、有料道路の利用料が手続きをすることで割引されます。 

対 象

割引率

備 考

身体障がい者または療育手帳をもっている本人が運転するとき

5割

本人又は本人と同一生計者が所有する自動車

第1種身体障害者手帳または療育手帳A判定を持っている人が同乗し、介護者が運転する場合

5割

本人又は本人と同一生計者または介護者が所有する自動車

手続きに必要なもの

1)身体障害者手帳または療育手帳

2)車検証

3)運転免許証

ETCをご利用になる場合上記1~3とともに

4)ETCカード(原則、障がい者本人名義のもの)

5)ETC車載器セットアップ申込書・証明書

以上が必要となります。

申請窓口

福祉支援課 障がい者福祉係

割引制度に関する問合先

西日本高速道路株式会社 九州支社 料金グループ

電話 092-762-1111

 中間市福祉タクシー料金助成事業

在宅の重い障がい者の日常生活の利便をはかり、社会活動の範囲を広げるために、福祉タクシー利用券を発行し、障がい者が利用するタクシーの小型基本料金(初乗り料金)分を助成します。

対象要件

次の4つの対象要件のすべてに該当する人のみが助成を受けることができますので、手続きをしてください。

1)中間市内に住所のある人

2)市民税非課税世帯の人(同居の世帯全員が非課税であること)

3)施設等に入所していない人(在宅の人)

4)次のア、イ、ウのいずれかに該当する人

ア 身体障害者手帳を所持し、障がいの程度が1級または2級の人

イ 療育手帳「A」判定を受けている人

ウ 精神障害者保健福祉手帳を所持し、障がいの程度が1級または2級の人

問合先

福祉支援課 障がい者福祉係

 自動車運転免許取得の助成

身体障がい者または知的障がい者が運転免許を取得しようとする場合、県が指定した自動車学校での規定講習料の一部を助成します。(申請年度の3月31日までに運転免許が取得できる人)なお、申請は運転免許を取得する前に行ってください。

対象者

身体障害者手帳又は療育手帳をお持ちで、福岡県公安委員会が実施する適性相談により、合格基準に合致 し、運転免許取得後の自立更生が確実に見込まれる人

手続きに必要なもの

1)自動車運転免許取得助成申請書

2)身体障害者手帳または療育手帳

3)印かん

助成額

最高100,000円

問合先

福祉支援課 障がい者福祉係

 自動車改造費の助成

身体障がい者が仕事などのために、本人が所有し運転する自動車のハンドルおよびアクセル等の改造費用の一部を助成します。年間助成台数が限られていますので、事前にご相談ください。

対象者

肢体不自由者で、収入が特別障害者手当の所得制限額を超えない人

手続きに必要なもの

1)自動車改造費助成申請書

2)運転免許証

3)改造見積書

4)身体障害者手帳

5)印かん

6)車検証

助成額

最高100,000円

問合先

福祉支援課 障がい者福祉係

 駐車禁止除外指定車について

歩行困難な身体障がい者等の使用する自動車は、公安委員会から駐車禁止除外の指定を受けると交通の障がいにならない限り、駐車禁止の場所(法定の駐車禁止場所・駐停車禁止場所を除く)でも駐車ができます。指定を受けるにあたっての条件や、手続きの方法については下記にお問い合せください。

問合先

折尾警察署(交通課 交通総務係)

電話 093-691-0110

お問い合わせ

所属課室:保健福祉部福祉支援課障がい者福祉係

中間市中間一丁目1番1号

電話:093-246-6282

ファクス:093-244-0579

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?