ここから本文です。

更新日:2013年8月30日

特別警報について

特別警報とは

気象庁では、大雨、地震、津波などにより重大な災害が発生する可能性があるときには、警報を発表し警戒を呼びかけていました。これに加え、従来の警報発表基準をはるかに超える豪雨や地震などが予想され、重大な災害の危険性が著しく高まっている場合、新たに「特別警報」を発表し、最大限の警戒を呼びかけます。

特別警報が対象とする現象は、東日本大震災や、5,000人以上の死者・行方不明者を出した伊勢湾台風、死者・行方不明者29人を出した平成24年7月九州北部豪雨などが当てはまります。

特別警報が発表された場合は、お住まいの地域は数十年に一度しかないような非常に危険な状況にあります。屋外の状況や、避難指示・勧告などに留意し、ただちに命を守るための行動をとってください。

また、大雨などのときは、時間を追って発表される注意報、警報やその他の気象情報を活用して、早め早めの行動をとることがあなたや家族の命を守ります。

特別警報の詳細は、気象庁ホームページ(外部サイトへリンク)でご確認ください。

nakamasitokubetukeihou

お問い合わせ

所属課室:総務部安全安心まちづくり課防災安全係

中間市中間一丁目1番1号

電話:093-246-2017

ファクス:093-245-5598