ホーム > 暮らしのガイド > 防災・防犯・安全 > 消防 > 熊本地震の支援活動

ここから本文です。

更新日:2016年12月6日

熊本地震の支援活動

平成28年4月の熊本及び九州各地で発生した地震で、甚大な被害を受けられた皆様に、心からお見舞い申し上げます。
中間市では、被災者の方々の一刻も早い復旧・復興を願い、次のような支援に取り組んでいます。

 熊本地震被災者支援に関する中間市の職員派遣について

中間市では、平成28年熊本地震の被災地や被災された方へ、市職員による人的支援を行っています。

薬剤師を避難所での医療支援に派遣

福岡県薬剤師会の要請により、4月21日及び22日に、中間市立病院の薬剤師1名が、避難所(益城町総合体育館)での医療支援活動に従事しました。

また、5月12日から14日まで2回目の派遣として、薬剤師1名が同じく益城町総合体育館で支援活動を行いました。

職員を避難所運営に派遣

福岡県市長会の要請により、福岡県内の市職員がチームを組んで、4月22日から被災地の避難所運営に従事しており、中間市からは6月3日から9日まで、職員2名1組を交代で計4名派遣しました。

職員を家屋被害調査に派遣

本市で取り組んでいるフットパス事業で連携を深めている熊本県美里町からの要請により、同町の罹災証明発行に必要な建物被害状況調査に従事する職員2名1組を、5月9日から27日まで一週間ずつ交代で、計6名派遣しました。

※今後も被災地の求めに応じて、人的支援を行って参ります。

 消防本部の支援活動報告

第1陣

平成28年4月15日0時20分より、中間市消防本部職員5名が緊急消防援助隊福岡県大隊として熊本県消防学校へ出動。

玉名PAに集結

 

 

 

 

 

 

 

 

熊本県消防学校

 

益城町の様子

益城町中央病院

 

 

 

 

 

 

 

 

益城町

 

平成28年4月17日19時00分、第1陣帰署。

第2陣

平成28年4月17日7時00分、第2陣として職員5名が出動。

待機テントの様子

待機テント

 

平成28年4月20日15時00分、第2陣帰署。

第3陣

平成28年4月20日8時00分、第3陣として職員5名が出動。

阿蘇大橋付近の様子

第3陣1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成28年4月22日17時00分、高森湧水トンネル公園へ移動。

 

平成28年4月23日17時12分、第3陣帰署。

第4陣

平成28年4月23日8時00分、第4陣として職員2名が出動。

第4陣1

 

南阿蘇村の様子

第4陣2

 

 

平成28年4月26日15時37分、第4陣帰署。

 

 義援金の受付

平成28年4月14日に発生した平成28年熊本地震に対し、被害を受けられた被災者を支援するために、義援金の受付を実施します。
お寄せいただいた義援金は、日本赤十字社に送金し、全額を被災された皆様にお届けします。

受付期間:平成28年4月15日から平成29年3月31日まで

(なお、4月から市内各施設に設置しておりました義援金箱については、平成28年6月30日で終了致しました。)

お問い合わせ先
福祉支援課093-246-6270

日本赤十字社に送金済みの義援金額

義援金額合計:7,670,326円(平成28年9月15日現在)

 支援物資の受付(終了)

福岡県では、被災した市町村に、現在は十分な物資が届いている状況であることから、4月30日までで、県民からの支援物資の受付を終了しました。

皆様のご協力ありがとうございました。

今後、被災地の状況変化があれば、あらためてお知らせします。

詳しくは、福岡県のホームページをご覧ください。
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/(外部サイトへリンク)

 災害ボランティア活動を希望する方へ

現在、熊本県内の一部市町村において、熊本地震における被災地救援のため、災害ボランティアを募集しています。

災害ボランティア活動に関する詳細については、熊本県内市町村災害ボランティアセンター(外部サイトへリンク)にお問い合わせください。
災害ボランティア活動を希望する方は、下記の点にご留意ください。

1.災害派遣等従事車両証明書の発行について

災害ボランティア活動であり、被災した自治体等が要請・受入承諾したものに使用する車両については、「災害派遣等従事車両証明書」を提示することにより、高速道路等料金の無料措置を受けられます。

対象期間

平成29年3月31日まで

対象道路

西日本高速道路株式会社/阪神高速道路株式会社/本州四国連絡高速道路株式会社/中日本高速道路株式会社/東日本高速道路株式会社/首都高速道路株式会社/各地方道路公社の各道路会社が管理する道路

地方道路公社の詳細は、各地方道路公社一覧(PDF:38KB)を参照してください。

証明書発行手続き及び使用方法

(1)申請の流れ
高速道路無料通行(災害派遣等従事車両証明書)の流れ(PDF:23KB)」をご覧ください。
申請に当たっては、事前に電話やホームページ等で熊本県内市町村災害ボランティアセンターの受入状況及び活動内容・期間等をご確認ください。(熊本県内市町村災害ボランティアセンター一覧(外部サイトへリンク)

(2)交付窓口
中間市総務部安全安心まちづくり課(中間市役所本館2階)

(3)受付時間
8時30分から17時15分まで(土、日、祝日を除く)

(4)必要書類
災害ボランティア申請証明書(ワード:41KB)(事前に活動内容等について、熊本県内市町村災害ボランティアセンターに確認済みのもの)
災害派遣等従事車両証明申請書(ワード:34KB)

(5)証明書の使用方法
証明書は、災害派遣等従事車両1台につき、通行1回あたり1枚提出するものです。
なお、証明書は料金を精算する料金所ごとに必要となるため、走行経路によっては複数枚必要となる場合があります。
証明書によるETCレーン及びスマートICの利用はできませんので、一般レーン入口で通行券を受け取り、出口で通行券と証明書を提出してください。

2.災害ボランティア保険への加入について

被災地へ向かわれる前に、災害ボランティア活動中の様々な事故によるケガや損害賠償責任を保障する「災害ボランティア保険」への加入をお願いいたします。
保険の詳細内容については、中間市社会福祉協議会(TEL:093-244-1230)にお問い合わせください。

 熊本県外に一時避難されている方は住所地市町村(熊本県内)へご連絡を

平成28年熊本地震により熊本県外へ一時避難している方は、住民票のある熊本県内の市町村へ電話で結構ですので連絡をお願いします。

これは、熊本県の各市町村が、避難者の状況を把握することを目的としています。

連絡事項

  • 氏名(通称が住民票に記載されている外国人住民の方は氏名、通称)
  • 生年月日
  • 性別
  • 避難元市町村における住所
  • 避難先の所在地及び連絡先電話番号

同一世帯員とともに避難している場合は、当該同一世帯員に係る上記5項目に関する情報

連絡窓口

避難元市町村の連絡窓口一覧(PDF:257KB)」をご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。