ここから本文です。

更新日:2014年9月8日

 制度の概要

 後期高齢者医療制度について

平成20年4月からスタートした「後期高齢者医療制度」は、主に75歳以上の人が被保険者となる高齢者のための医療制度です。高齢者の医療費が増大するなか、現役世代と高齢者世代の負担と給付を明確化し、高齢者の方々の心身の特性に応じた医療を提供するために創設されました。

この制度は、高齢者の医療費の財源について、5割を公費、4割を若い世代の保険料、残りの1割を被保険者である高齢者の保険料とすることで、それぞれの負担割合を明確なものとしています。

また、運営主体は各都道府県に設立された後期高齢者医療広域連合になります。市町村は主に窓口業務を担当します。

福岡県の広域連合は福岡市博多区にある福岡県後期高齢者医療広域連合になります。福岡県後期高齢者医療広域連合のホームページは下記を参照してください。

福岡県後期高齢者医療広域連合ホームページへ(外部サイトへリンク)

ページトップに戻る

 対象者

  • 75歳以上の人(満75歳の誕生日から対象)
  • 65歳以上75歳未満で一定の障がいについて広域連合から認定を受けた人(認定を受けた日から)

一定の障がいとは

  • 身体障害者手帳の1級から3級に該当する人
  • 身体障害者手帳の4級に該当する人で言語機能または音声機能、下肢障がいのある人(一部)
  • 精神障害者保健福祉手帳の1級または2級に該当する人
  • 療育手帳の障がいの程度がA(重度)に該当する人

ページトップに戻る

 加入手続き

75歳の誕生日を迎えられた人

加入するための手続きは特に必要ありません。75歳になると自動的に被保険者となり、誕生日月の前月の下旬に、新しい被保険者証を郵送いたします。

障がいの認定により加入申請をされる人

障がいの認定による加入申請は、75歳になるまでいつでもでき、また、いつでも撤回をすることができます。加入日は申請をされ認定を受けた日からになります。

必要なもの

  • お持ちの身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳
  • 今までお使いの保険証
  • そのほかにお持ちの医療証
  • 印鑑

ページトップに戻る

お問い合わせ

所属課室:保健福祉部健康増進課

電話:093-246-6246

ファクス:093-244-9118

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?