ホーム > 暮らしのガイド > 国民健康保険・国民年金・その他の医療制度 > 後期高齢者医療制度 > 給付 > 移送費・訪問看護療養費・葬祭費・ジェネリック医薬品

ここから本文です。

更新日:2018年4月18日

移送費・訪問看護療養費・葬祭費・ジェネリック医薬品

移送の費用が必要なとき(移送費の支給)

移動が困難な患者が医師の指示により緊急かつ、やむを得ない必要性があって移送されたときに支給されます。

申請に必要なもの

  • 保険証
  • 印鑑
  • 領収書
  • 振込先がわかるもの
  • 医師の証明書等

訪問看護ステーションを利用したとき(訪問看護療養費の支給)

医師が必要であると認めた場合、費用の一部を利用料として支払うだけで利用できます。

被保険者が亡くなったとき(葬祭費の支給)

申請により葬祭を行った人(喪主)に葬祭費として3万円が支給されます。

申請に必要なもの

  • 保険証
  • 喪主の印鑑
  • 葬祭を行ったことが確認できるもの(会葬御礼、葬儀の領収書など)
  • 喪主名義の振込先がわかるもの

ジェネリック医薬品を利用しましょう

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、先に開発された新薬(先発医薬品)の特許が切れた後に、他のメーカーが同じ有効成分・同じ効き目として申請し、国が承認した医薬品です。開発費用が少ないため価格が安く、安全性や品質は新薬と同等と認められています。

ジェネリック医薬品を希望するメリットとは

服用中の薬をジェネリック医薬品へ切り替えることで、薬代の自己負担額を安くできる場合があります。また、医療費が抑えられることにより、医療保険財政の健全化といった効果が期待されています。

ただし、治療内容やほかの薬との飲み合わせなどによっては、医師の判断により、ジェネリック医薬品への切り替えができない場合があります。また、先発医薬品によっては、ジェネリック医薬品が発売されていないものがあります。

ジェネリック医薬品希望カードを使おう

ジェネリック医薬品を希望する場合は、医師や薬剤師に直接相談ができますが、「直接は言いにくい」という人は、『市役所健康増進課・保健センター・東部出張所・西部出張所』の窓口に設置しているジェネリック医薬品希望カードを提示することで相談にかえることができます。ジェネリック医薬品希望カードが必要な人は、窓口でご自由にお取りください。

お問い合わせ

所属課室:保健福祉部健康増進課

電話:093-246-6246

ファクス:093-244-9118

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?