ホーム > 暮らしのガイド > 上下水道・都市計画 > 下水道 > 合併処理浄化槽整備事業補助金について

ここから本文です。

更新日:2019年4月3日

合併処理浄化槽整備事業補助金について

 中間市では、生活排水による公共用水域の水質汚濁を防止し、生活環境の向上を図るため合併処理浄化槽を設置する場合に、設置費用の一部を予算の範囲内で助成する事業を行っています。

 また、単独浄化槽や汲み取り便槽を適正に処分して合併処理浄化槽を設置する場合に、これまでの補助金に上乗せして補助金が交付されます。

合併処理浄化槽の設置について

合併処理浄化槽を設置するときは、必ず事前に「浄化槽設置事前協議書」の提出が必要です。

補助対象区域

公共下水道事業認可区域以外の区域

※詳細な区域範囲については、事前に下水道課までお問い合わせください。

補助対象浄化槽

以下の全てを満たす合併処理浄化槽

  1. 処理対象人員が50人以下であり、BOD除去率90%以上で放流水のBODが20mg/リットル以下であること
  2. 合併処理浄化槽設置整備事業における国庫補助指針に適合していること
  • 上記補助要件を満たす場合でも、以下の場合には交付決定を取消し、補助金の返還を求めることがありますのでご注意ください。
  1. 年度内に工事を完了し、実績報告書を提出して完了検査を受けることができない場合
  2. 市が定めた技術上の基準に従って工事を行っていない場合
  3. 浄化槽設置後、浄化槽法に定める維持管理を実施しない場合

以下の場合は補助金を交付できません

  • 中間市浄化槽指導要綱第3条に基づく事前協議を行わずに設置した場合
  • 販売の目的で、合併処理浄化槽付き建物を建築(改築を含む)する場合

合併処理浄化槽設置補助金額

人槽区分

補助金額

5~6人槽

330,000円

7~9人槽

414,000円

10~50人槽

546,000円

 

上乗せ補助金額

単独浄化槽及び汲み取り便槽の処分を適正に行い、合併処理浄化槽へ転換を行った場合にあっては、下記に定める金額を限度として、これまでの補助金に上乗せして交付を受けることができます。

 

単独浄化槽から転換の場合

汲み取り便槽から転換の場合

撤去費

90,000円

60,000円

配管設置費

140,000円

140,000円

  • 実際にかかった費用が限度額に満たない場合は、実際にかかった費用の千円未満を切り捨てた額が上乗せ金額となります。

 

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

所属課室:環境上下水道部下水道課施設管理係

中間市中間一丁目1番1号

電話:093-246-6256

ファクス:093-243-1802

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?