ここから本文です。

更新日:2017年12月27日

水道施設の紹介

水道水ができるまで

suidousuigadekirumade

  1. 遠賀川、浮州池の水を水源としています。
  2. この塔から水を取り入れます。
  3. 微生物の作用を利用して物質等を除去します。
  4. 活性炭の作用を使って臭気をとります。
  5. 混和池に流れ込む量を調節します。
  6. 薬品を入れて、目に見えない小さな混ざり物をフロック状にします。
  7. 大きくなったフロック状の固まりをこの池の下に沈めます。
  8. 沈でん池できれいにした水を塩素を加え、さらに砂の層を通して飲める水にします。
  9. きれいになった水をためておく池で、配水池へ送る水を調節します。
  10. 使う水の量に合わせて、ポンプで圧力をかけて配水池へ送ります。
  11. ここから自然流下によって、需要家へ送ります。

 

唐戸浄水場

karatojousui

所在地中間市中間2丁目5番13号

施設能力:19,700立方メートル/日

水利権:20,700立方メートル/日

遠賀川を水源とし、昭和8年水道創設期からの浄水場で、昭和10年に着手した第1次拡張事業から第6次拡張事業によって施設能力は現在と同じ19,700立方メートルとなり、市内全域に給水できる規模となっています。また、昭和59年に着手した第9次拡張事業の一環として回転円板法による生物処理を導入し、薬品注入量の軽減と水質の安定化を図ることが出来ました。

 

 西部浄水場

seibujousui

所在地中間市大字上底井野字中曽根1094番地

施設能力:12,900立方メートル/日

水利権:14,200立方メートル/日

山田川水系浮州池を水源とし、第9次拡張事業のメイン事業として建設され昭和56年6月に運転を開始し、遠賀町に給水しています。また、全国で最初に認可を得た回転円板法による生物処理を行い、更らに通常の浄水処理を行っております。

 

岩瀬配水池

iwase

所在地中間市大字岩瀬字塘の内3025番地1

RC造り

有効貯水量:1,000立方メートル

満水位標高:53.8m

低水位標高:48.6m

第1通谷配水池

dai1

所在地中間市通谷1丁目287番地257

RC造り

有効貯水量:1,000立方メートル

満水位標高:53.8m

低水位標高:48.8m

 

第2通谷配水池

dai2

所在地中間市鍋山町985番地94

PC造り

有効貯水量:3,500立方メートル

満水位標高:53.8m

低水位標高:48.8m

有効貯水量:50立方メートル

満水位標高:74.4m

低水位標高:71.4m

 

鳥森配水池

torimori

所在地中間市中央1丁目6027番地1

RC造り1池PC造り1池

有効貯水量:1,500立方メートル

満水位標高:33.0m

低水位標高:25.0m

 

尾倉配水池

ogura

所在地遠賀町大字上別府1864番地4

PC造り

有効貯水量:4,000立方メートル

満水位標高:54.0m

低水位標高:46.0m

 

 

お問い合わせ

所属課室:環境上下水道部上水道課施設係

中間市中間一丁目1番1号

電話:093-246-6263

ファクス:093-245-0542

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?