ここから本文です。

更新日:2019年3月1日

都市再生整備計画事業

都市再生整備計画事業とは

都市再生整備計画事業は、各種補助金や交付金が統合された社会資本整備総合交付金のメニューの一つであり、地域の歴史・文化・自然環境等の特性を活かした個性あふれるまちづくりを実施し、全国の都市の再生を効率的に推進することにより、地域住民の生活の質の向上と地域経済・社会の活性化を図るための国の制度です。

地域が抱える課題やまちづくりのビジョンに基づき、まちづくりの目標や数値指標を達成するために必要な事業を記載した都市再生整備計画を作成(Plan)し、成果を意識しながら事業を実施(Do)し、交付期間最終年度に目標の達成度を評価(Check)するとともに、必要な改善点は速やかに改善(Action)するという一連のサイクルを導入しています。

市町村が社会資本整備総合交付金の交付を受けるためには、都市再生整備計画を作成し、国土交通大臣に提出することが必要です。国は、市町村が作成した都市再生整備計画が都市再生基本方針に適合している場合、年度ごとに交付金を交付します。交付金の額は、交付対象事業費のおよそ4割が上限となります。

計画の内容

事前評価の公表

事後評価結果の公表

都市再生整備計画事業により整備した事業の事後評価結果を公表します。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:総務部企画課企画政策係

中間市中間一丁目1番1号

電話:093-246-6234

ファクス:093-245-5598

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?