ホーム > 暮らしのガイド > 教育・文化・スポーツ > 文化・スポーツ > ギラヴァンツ北九州フレンドリータウン

ここから本文です。

更新日:2015年8月14日

ギラヴァンツ北九州フレンドリータウン

中間市は、プロサッカーチーム「ギラヴァンツ北九州」のフレンドリータウンです。サッカーを通じて、市とギラヴァンツ北九州とが手を取り合い、地域の活性化やスポーツの振興を進めます。

フレンドリータウン協定

互いの手を取り合う各市町の首長とギラヴァンツ北九州の横手社長。フレンドリータウン協定とは、ギラヴァンツ北九州が、北九州市近隣の自治体と多方面で連携を図っていくための取り決めのことで、スポーツの振興や地域の活性化を図る取り組みを検討、実施していくものです。平成26年4月13日、中間市は芦屋町、岡垣町、遠賀町とプロサッカークラブ「ギラヴァンツ北九州」との間に「フレンドリータウン協定」締結の合同調印式を行いました。

取り組み内容(例)

項目 取り組み内容
スポーツの振興 本城陸上競技場で行われるホームゲームへ毎試合招待
少年向け、親子向けのサッカーイベントの開催
青少年の健全育成 コーチが小学校を訪問し、サッカー指導を実施
中学校や高校などのサッカー部の指導支援
社会福祉の向上 夢や明日への活力を感じてもらうため、福祉施設入所者などを
試合へ招待
相互の情報発信 ホームゲーム会場での中間市ブースの出店や市内施設への
ギラヴァンツ北九州の情報掲示

無料招待のご案内

今シーズンもギラヴァンツ北九州を応援いただきありがとうございました。
11月12日(土曜日)のホーム最終戦をもってご招待は終了いたしました。
2017年シーズンにつきましては、概要が決まり次第更新いたします。

ギラヴァンツ北九州の紹介

●ホームスタジアム
北九州市立本城陸上競技場(八幡西区御開四丁目16-1)

●クラブ名の由来
クラブ名のギラヴァンツは、イタリア語で" ひまわり"という意味のgirasole(ジラソーレ)と" 前進する"という意味のavanzare(アヴァンツァーレ)を組み合わせた造語です。「常に成長・前進を続ける、光り輝くチームであり続けたい」「サポーターや地域が輝き、元気になる、その象徴でありたい」という願いが込められています。

●クラブエンブレムクラブエンブレム
エンブレムのモチーフは、チーム名にも反映している、ひまわりの花びらと輝く太陽の赤を、ひまわり水晶「ジラソールクリスタル」という宝石をイメージしています。「永遠、そして燦然と輝く、情熱をもったスポーツクラブ」を表すとともに、「地域が一体となって輝き感動や元気の輪を広げていく」ことや「地域の固い絆」を象徴しています。

●クラブマスコットクラブマスコット「ギラン」
クラブマスコットのギランは、小倉南区の曽根干潟に飛来するズグロカモメがモチーフ。エネルギッシュに描かれた翼は、「北九州から日本、アジア、世界へはばたこう」というクラブの思いを表すとともに、スポーツのスピード感を表現しています。

お問い合わせ

所属課室:総合政策部企画政策課広報広聴係

中間市中間一丁目1番1号

電話:093-246-6271

ファクス:093-245-5598