ここから本文です。

更新日:2015年12月1日

中間市教育大綱

このたび、「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」の改正(平成27年4月1日施行)に伴い、地方公共団体の長はその地域の実情に応じ、当該地方公共団体の教育、学術及び文化振興に関する総合的な施策の大綱を定めることとされました。
このことを受けて、中間市では、市民の意向を教育行政により一層反映させるため、市長と教育委員会で構成する「総合教育会議」において協議、調整し、「中間市教育大綱」を策定しました。

基本理念

次世代を担う教育の実現
~人を育むスポーツと文化の元気なまちづくり~

基本方針

個を生かす学校教育の充実による確かな学力の育成

 

  • 個に応じた指導方法や指導体制の工夫・改善を行い、児童生徒の学力の向上及び定着を図ります。
  • 特別な支援を必要とする児童生徒の教育の充実・深化に努めます。
  • 安全で個性や能力を活かす教育環境づくりのため、学校施設の整備を進め、学校教育の充実を図ります。

 

豊かな心と健やかな体の育成

 

  • 児童生徒の豊かな心を育成するため、道徳教育の充実、人権教育の推進に努めます。
  • 児童生徒の健やかな成長と人格の形成を目指し、家庭・地域社会と密接な連携による生徒指導の充実を図り、信頼される学校づくりの推進に努めます。
  • 児童生徒の健康・体力の増進のため、健康教育及び食育の充実と体力づくりの推進に努めます。

 

生涯学習を推進し、いきいきと楽しく、心ふれあう学びの社会の実現

 

  • 市民が生涯を通して学ぶことができるいろいろな事業を積極的に実施し、青少年の健全育成や生きがいづくりの推進に努めます。
  • 子どもから高齢者までが身近にスポーツを楽しむことができる環境づくりをすすめ、市民の健康とスポーツの普及・振興を図ります。
  • 「明治日本の産業革命遺産」のあるまちとして郷土愛の醸成を図るとともに、貴重な史跡や文化財の継承を通して未来につながるまちづくりの推進に努めます。

 

 

お問い合わせ

所属課室:教育部学校教育課総務係

中間市中間一丁目1番1号

電話:093-246-6222

ファクス:093-244-1384