ホーム > 暮らしのガイド > 教育・文化・スポーツ > 中間市学校施設再編基本計画

ここから本文です。

更新日:2021年1月14日

中間市学校施設再編基本計画

中間市の小中学校は、いずれも昭和40年代から50年代に建てられたもので、現在は、必要な箇所の修繕を行いながら、現状維持に努めています。しかしながら、校舎を中心に非常に老朽化が進んでおり、教育活動に支障をきたしている状況も見られます。
一方で、児童・生徒数に目を移すと、これらの学校が建てられたころには7,000人を超える子供たちがいましたが、少子化が進み、令和2年度の学校基本調査によれば、2,750人ほどと、ピーク時の半数以下になっているのが現状です。
これらの現状を踏まえ、学校施設の建て替えや統廃合、またそれに伴う財源をどう賄うのかなど課題が山積しています。このような中、国は、単なる学校の建て替えではなく、長寿命化改修という技法を用いることで、国や地方の財政負担を軽減し、学校の耐用年数を延長させることができるとして、各自治体に長寿命化計画の策定を求め、中間市においても、平成30年度に中間市学校施設長寿命化計画を策定しました。
しかし、長寿命化計画だけでは、財政負担の軽減、そして何より教育効果を考慮した学校規模の適正化や教育環境の向上にはまだまだ結びつかないというのが、中間市の実状です。
未来の学校の価値を形作っていくうえで、ICTなどを駆使した教育の質の向上や、少子化の影響による学級や教員の数が減少している問題、地域コミュニティの拠点として求められる学校のあり方など、様々な問題に取り組んでいかなければなりません。
より良い教育環境の整備を目指し、何よりも中間市の将来を担う子供たちのためにどのような学校のあり方が望ましいのか、再編の可否も含め、未来の学校の方向性を示すものとして、学校施設の再編に関する基本計画を策定します。

中間市学校施設再編基本計画策定委員会設置要綱(PDF:56KB)

第1回中間市学校施設再編基本計画策定委員会

次第(PDF:24KB)

レジュメ(PDF:223KB)

資料1「中間市学校施設長寿命化計画」(PDF:3,312KB)

資料2「中間市学校施設整備基本計画案」(PDF:26,348KB)

議事録(PDF:308KB)

※議事録の中で、次回の策定委員会開催日時を1月19日としておりましたが、スケジュールの都合により延期となりました。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:教育部教育施設課計画係

中間市中間一丁目1番1号

電話:093-246-6221

ファクス:093-244-1384