ホーム > 暮らしのガイド > 教育・文化・スポーツ > 中間市学校施設再編の取組み

ここから本文です。

更新日:2022年11月18日

中間市学校施設再編の取組み

お知らせ

  • 11月18日 「中間市学校施設整備方針」欄の「学校施設再編に関する住民説明会について」のページに説明会資料を掲載いたしました
  • 11月4日 「中間市学校施設整備方針」欄を追加し、「学校施設再編に関する住民説明会について」を掲載いたしました
  • 8月10日 「中間市学校施設再編基本計画」欄に「中間市学校施設再編の取組みについて」を掲載いたしました

概要

itizu中間市内には、小学校が6校、中学校が4校あります。

昭和40年代から50年代に集中して整備されたため、ほとんどが築40年を迎え、校舎を中心に老朽化している状況です。

また、少子化に伴い、児童生徒数は年々減少傾向にあり、本市の年少人口は、ピークだった昭和60年ごろと比較すると、40%程度にまで減少しています。

さらに、最近ではICT教育の推進や、感染症対策など、児童生徒を取り巻く環境が大きく変化しています。

児童生徒にとって最適な教育環境を整備し、充実した環境の中で、更なる教育の質の向上を図ることができるよう、将来を見据えた中間市の学校のあり方として、学校施設再編を検討しています。

中間市学校施設長寿命化計画

平成29年3月、中間市は、今後の公共施設のあり方についての基本方針として、「中間市公共施設等総合管理計画」を策定しました。これを受け、多様な機能や役割を充足しつつ、施設整備を計画的に行い、長寿命化を図ることを目的に、平成31年3月に「中間市学校施設長寿命化計画」を策定しました。

中間市学校施設長寿命化計画

中間市学校施設整備基本計画案

学校施設の老朽化、児童生徒の減少に加え、ICT教育をはじめとした教育内容の多様化、感染症による環境の変化など、長寿命化改修のみに重点を置くのではなく、将来を見据え、様々なニーズに対応できる新しい学校施設のあり方を検討するため、令和元年7月に関係部署職員で組織する委員会を設置し、今後、より具体的な検討を行うための素案として、令和2年2月に「中間市学校施設整備基本計画案」を策定しました。

中間市学校施設整備基本計画案

中間市学校施設再編基本計画

令和2年度から令和3年度にかけて、小中学校のPTAや校長、教員の代表、学識経験者などで組織する「中間市学校施設再編基本計画策定委員会」を設置し、中間市学校施設整備基本計画案をもとに協議・検討を行いました。全7回にわたる会議後は、令和4年2月から3月にかけて、市民意見提出手続(パブリックコメント)を実施し、同年4月に「中間市学校施設再編基本計画」を策定しました。この計画では、将来に渡って持続可能な学級数を確保することができる、小中学校の組み合わせ案を5つ提示しています。

中間市学校施設再編基本計画(PDF:5,309KB)【令和4年4月公表】

別冊 中間市学校施設再編基本計画(案)に対する市民意見提出手続(パブリックコメント)の実施結果について(PDF:9,918KB)

中間市学校施設再編基本計画【概要版】(PDF:436KB)【広報なかま令和4年6月号全世帯配布資料】

中間市学校施設再編の取組みについて(PDF:869KB)【広報なかま令和4年8月号全世帯配布資料】

 

中間市学校施設再編基本計画策定委員会についてはこちら

中間市学校施設整備方針

学校施設再編による将来の学校施設のあり方として、学校規模や学校施設の配置案を提示した整備方針の策定を進めております。

整備方針の策定に当たりましては、ご意見をいただいた上で、方向性を決定してまいりたいと考えておりますことから、住民説明会を開催いたします。

学校施設再編に関する住民説明会についてはこちら

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:教育部教育施設課計画係

中間市中間一丁目1番1号

電話:093-246-6221

ファクス:093-244-1384