ホーム > 暮らしのガイド > 空き地の雑草等の処理について

ここから本文です。

更新日:2017年9月7日

空き地の雑草等の処理について

毎年、市民から空き地等の除草に関する相談が多数寄せられております。

中間市では市民の生活環境の保全に寄与することを目的に、「あき地等に繁茂した雑草等の除去に関する条例」を定め、次のように空き地等の管理者に適正な管理をお願いしています。

空き地の適正管理について

 

空き地等の所有者、地上権者、賃借人その他で当該空き地等を管理している人(以下「管理者」)は、常に当該空き地等に雑草等が繁茂し、かつ、放置されている状態を解消するよう努めなければなりません。

空き地等の管理を怠ると、害虫やごみの不法投棄等が発生し近隣に迷惑がかかる恐れがあります。

空き地等の管理者は雑草をこまめに刈り取るなど、年間を通して適正な管理をお願いいたします。

空き地等が適正に管理されていないと市が判断した場合は、条例に基づき当該空き地等の管理者に対して、雑草の除去など必要な措置を講ずるよう通知いたします。

下記のような場合は市役所から通知文書が送付されることがあります。

  • 雑草等が繁茂し隣地等に越境している。
  • ごみの不法投棄の温床となる恐れがある。
  • 害虫の発生原因となる。
  • 道路の見通しが悪くなり、交通事故を誘発する恐れがある。
  • 枯草等により火災の原因となる恐れがある。

 

遠方に住んでいるなどして、管理者自身で土地を管理できない場合は、公益社団法人中間市シルバー人材センターを利用する方法もあります。(有料)

 

公益社団法人 中間市シルバー人材センター

〒809-0003 福岡県中間市大字上底井野59番地1

電話:093-246-4528 FAX:093-246-4529

中間市シルバー人材センターホームページ(外部サイトへリンク)(外部リンク)

空き地等に雑草等が繁茂し、困っている人へ

 

土地や建物の管理者が分かる場合は、管理者に相談してください。

管理者が分からない場合は、市役所に相談いただければ、現地を確認し、明らかにひどい状況の場合には、管理者に対して除草等の依頼をします。

市役所から土地の管理者等を教えることはできません。

除草等の依頼に係る留意事項

 

  • 「空き地等」には、農地、山林、道路、河川、水路、公園、広場等は含みません。
  • 利用地(駐車場、畑等)や居住者がいる土地の指導はできません。
  • 個人でお持ちの土地に対する指導であることから、相手方の事情等により、除草等ができなかったり、早期の対応が困難であったりする場合があります。
  • ご相談により土地の状況調査等をした結果、「土地所有者等の連絡先が不明」であったり、「相続問題等の諸事情により相続人等も対応できない」等の場合は、指導等ができないことがあります。
  • 樹木は財産上の個人の所有物になりますので、市から切るように指導することはできません。また、落ち葉や綿等が散乱する状態に対しても市から指導はできません。
  • 管理者が除草等を実施されなかった場合に、市から強制的に除草等をすることはありません。管理者が除草等を行わず生活に影響が出る場合は、弁護士の無料相談等をご利用ください。

 

無料相談窓口

 

 


 

お問い合わせ

所属課室:環境上下水道部環境保全課環境保全係

中間市中間一丁目1番1号

電話:093-246-6265

ファクス:093-244-1317