ホーム > 暮らしのガイド > 住まい > 住宅政策 > 中古住宅購入後に解体し新築するための補助金制度

ここから本文です。

更新日:2017年12月26日

中古住宅購入後に解体し新築するための補助金制度

市外に居住する子育て世帯や若年世帯が移住・定住を目的に中間市空き家バンクに登録されている中古住宅(空き家バンク物件)購入後に解体し新築するための費用に対して助成する制度です。
※先着順に受付し予算額に達した時点で受付終了します。

補助金額

空き家バンク物件購入後に解体し新築するための費用に対する補助金・・・150万円
※新築住宅に対し1回が限度です。

対象となる物件

  • 床面積が50平方メートル以上でその2分の1以上が居住用の新築住宅

対象とならない物件

  • 市内にすでに所有している住宅を買替えたとき。
  • 別荘などの取得であるとき。
  • 相続や贈与による住宅の取得であるとき。
  • 公共工事に伴う住宅移転補償による住宅や住宅用地の取得であるとき。
  • 市長が適当でないと認めたとき。

対象者の主な要件

  • 平成28年4月1日以降に中間市空き家バンク物件の中古住宅を取得及び解体後に自らが居住するために、取得後2年以内に戸建て住宅を建築し、その新築住宅に居住すること。
  • 住民基本台帳上、平成28年4月1日以降の転入日において、中学生以下の子ども(2親等以内)が同居する世帯、または夫婦の合計年齢が80歳未満である世帯であること。
  • 前住所地、または住所地において市税の滞納がないこと。
  • 原則として、自治会に加入していること。
  • 国や県、市などから他の助成を受けていないこと。
  • 転入日から10年以上居住すること。

申請手続きに必要な書類

1.新築住宅購入補助金交付申請書
2.世帯全員の住民票
3.世帯員全員に中間市や前住所地における市税の滞納がないことの証明書
4.新築建物・土地登記簿謄本と請負契約書の写し
5.中古住宅(解体家屋)の売買契約書の写し
6.中古住宅の滅失による閉鎖登記事項証明書の写し
7.解体工事の契約内容が確認できる書類の写し
8.確約書
9.自治会加入証明書

要綱

中間市中古住宅購入等補助金交付要綱

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:建設産業部都市計画課住宅対策係

中間市中間一丁目1番1号

電話:093-246-6155

ファクス:093-244-1342