ホーム > 暮らしのガイド > 消防本部 > 予防 > 違反対象物の公表制度

ここから本文です。

更新日:2018年4月1日

違反対象物の公表制度

違反対象物の公表制度のご案内

「違反対象物の公表正制度」は、建物の利用者の方が、自ら火災危険に関する情報を入手し、安心して建物を利用することができるよう、消防署等が保有する建物の火災危険に関する情報(重大な消防法令違反)をホームページで公表するものです。中間市では平成30年4月1日から施行されます。

根拠条文:中間市火災予防条例第47条の2

公表の対象

立入検査で確認した飲食店や物販店などの特定防火対象物で屋内消火栓設備、スプリンクラー設備又は自動火災報知設備の設置義務があるもので、それらの設備が未設置であるもの。

公表の内容

:防火対象物の名称、所在地

:違反の内容(屋内消火栓設備、スプリンクラー設備又は自動火災報知設備の未設置)

:公表日

公表対象物を調べる

公表一覧(PDF:33KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:消防本部予防課指導係

中間市中間二丁目2番2号

電話:093-245-0901

ファクス:093-246-0119