ここから本文です。

更新日:2018年12月6日

軽自動車税

軽自動車税は、毎年4月1日現在、軽自動車などを所有している人に課せられる税金です。

税率の改正及び税額

車種ごとに以下の税額が定められています。

平成27年度の地方税法の一部改正により、平成28年度(平成28年4月1日課税)より軽自動車税は次のとおり変更になります。

税額(原動機付自転車、二輪の軽自動車、二輪の小型自動車、小型特殊自動車等)

種別区分

現行の税額

改正後の税額
平成27年年度まで 平成28年度以降

原動機付自転車 第一種(50cc以下)

1,000円

2,000円

原動機付自転車 第二種 乙(51cc以上90cc以下)

1,200円

2,000円

原動機付自転車 第二種 甲(91cc以上125cc以下)

1,600円

2,400円

原動機付自転車 ミニカー

2,500円

3,700円

農耕作業用小型特殊自動車(トラクター・コンバインなど)

1,600円

2,400円

特殊作業用小型特殊自動車(フォークリフトなど)

4,700円

5,900円

軽自動車 二輪のもの(126cc以上250cc以下)

2,400円

3,600円

ボートトレーラー

2,400円

3,600円

雪上を走行するもの

2,400円

3,600円

二輪の小型自動車(250cc超)

4,000円

6,000円

税額(四輪以上および三輪の軽自動車)

改正の内容

新税率について

平成27年4月1日以後に新規登録(初年度検査)した車両から新税率が適用されます。

※平成27年4月2日以後に新規登録した新車は平成28年度課税から適用されます。

重課税について

最初の新規検査から13年を経過した軽自動車(四輪以上および三輪)は平成28年度から経年重課の税率が適用されます。

車種

税額

平成27年3月31日

以前に登録されたもの

平成27年4月1日

以降に新規登録されたもの

登録後13年超

のもの

軽自動車 三輪のもの

3,100円

3,900円

4,600円

軽自動車 四輪乗用自家用

7,200円

10,800円

12,900円

軽自動車 四輪乗用営業用

5,500円

6,900円

8,200円

軽自動車 四輪貨物自家用

4,000円

5,000円

6,000円

軽自動車 四輪貨物営業用

3,000円

3,800円

4,500円

※電気自動車、天然ガス自動車、メタノール自動車、ガソリンハイブリッド自動車、一般乗合用バス及び被けん引車並びに小型特殊自動車は対象外

グリーン化特例について

 一定の環境性能を有する軽四輪等(三輪以上の軽自動車)について、その燃費性能に応じたグリーン化特例(軽課)が創設されました。

◎グリーン化特例の延長

平成29年度税制改正によって、軽自動車税のグリーン化特例(軽課)が2年間延長されました。

平成29年4月1日から平成31年3月31日までに最初の新規検査を受けた三輪以上の軽自動車で、適用条件を満たしたものについて、新規登録をした日の属する年度の翌年度分の軽自動車税が軽減されます。

車種

特例1 特例2 特例3
基準額
三輪のもの

1,000円

2,000円

3,000円

3,900円

四輪乗用自家用

2,700円

5,400円

8,100円

10,800円

四輪乗用営業用

1,800円

3,500円

5,200円

6,900円

四輪貨物自家用

1,300円

2,500円

3,800円

5,000円

四輪貨物営業用

1,000円

1,900円

2,900円

3,800円

○適用条件

  対象車 内容

特例1

電気自動車、天然ガス自動車

概ね75%軽減
特例2

ガソリン車

ハイブリッド車

乗用車:平成32年度燃費基準+20%達成 概ね50%軽減
貨物車:平成27年度燃費基準+35%達成

特例3

乗用車:平成32年度燃費基準達成

概ね25%軽減
貨物車:平成27年度燃費基準+15%達成

納付方法

5月に納税通知書が送付されます。

振り込みの場合は、納付期限までに金融機関などで振り込んでください。

口座振替の場合は、指定された金融機関の預貯金口座から納付期限の日に引き落としされます。

納付期限

5月末(なお、納期限が土曜日、日曜日、祝日の場合は翌開庁日が納期限となります。)

 

お問い合わせ

所属課室:市民部課税課市民税係

中間市中間一丁目1番1号

電話:093-246-6238

ファクス:093-244-9118