ホーム > よくある質問 > 暮らしのガイド > 戸籍・住民票 > 外国人と結婚して、外国人の氏を名乗る場合は、どのような届出が必要ですか?

ここから本文です。

更新日:2021年2月10日

外国人と結婚して、外国人の氏を名乗る場合は、どのような届出が必要ですか?

外国人と結婚しても、日本人の氏は変わりません。外国人配偶者の氏を名乗りたいときは、婚姻の日から6か月以内に届け出ることで、変更することができます。

婚姻から6か月を過ぎた場合は、家庭裁判所の許可が必要になります。

届出先

届出人の所在地または本籍地の市町村役場

中間市に届出する場合の窓口

  • 中間市役所市民課

届出期間

婚姻をした日から6か月以内
婚姻の日から6か月を過ぎている場合は、家庭裁判所の許可を得てください。

必要なもの

  • 外国人との婚姻による氏の変更届(戸籍法107条2項の届)
  • 本人確認書類(マイナンバーカードや運転免許証、パスポート等)
  • 戸籍謄本(届出地に本籍がない場合)

関連情報

お問い合わせ

所属課室:市民部市民課戸籍係

中間市中間一丁目1番1号

電話:093-246-6241

ファクス:093-244-9118

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?