ホーム > 中間市の未来のまちづくりに向けた取り組みを紹介します > 株式会社ジョブ・ネットと連携協定を締結

ここから本文です。

更新日:2021年3月29日

株式会社ジョブ・ネットと連携協定を締結

令和3年3月24日(水曜日)、中間市は株式会社ジョブ・ネット(代表取締役:題府征孝氏)と連携協定(以下「本協定」)を締結しました。

株式会社ジョブ・ネットには、九州福岡を拠点に全国・海外へ活動の場を広げる「LinQ(リンク)」など多くのアイドルグループが所属しています。
令和2年10月、スカパーアイドルチャンネルで放送中の「IQとLinQする」のロケでLinQが中間市を訪れ市内を案内していただいたことを機に、シティプロモーションの向上を目指したまちづくりを進める中間市の取り組みに賛同いただき、今回の協定締結に至りました。

本協定では、同社が持つさまざまな知識やノウハウを最大限に活用し本市が抱えるさまざまな課題の解決を目指して以下の3項目を掲げ、LinQの画像の無償提供や本市の世界遺産・観光名所をPRするための活動に協力していただきます。

  1. 所属タレントの無償肖像提供に関すること
  2. 中間市のPRを目的とした活動の協力に関すること
  3. 両者が協議により必要と認めること

LinQを「中間市未来のまちづくりアンバサダー」に任命

協定式後、ステージにLinQのメンバーが登場し、おなじみの曲「フクオカ好いとぉ」を人型ロボット「Pepper」*と一緒に踊り披露してくれました。
このPepperには、「なかまプログラミングスター」に認定された市内の小学5年生12名がこの日のために「フクオカ好いとぉ」の振付けをプログラミングしており、会場は12名からのビデオメッセージも届けられました。

また、LinQを「中間市未来のまちづくりアンバサダー」に任命することも発表。今後中間市とジョブネット・LinQは、本市の魅力を全力発信していきます。

*人型ロボット「Pepper」は、ソフトバンクロボティクスの商標及び登録商標です。

20210324ジョブネット協定120210324ジョブネット協定220210324ジョブネット協定3