ホーム > 暮らしのガイド > 道路・公園・交通 > 交通 > 公共交通 > 地域公共交通の運行維持に向けた支援

ここから本文です。

更新日:2021年4月6日

地域公共交通の運行維持に向けた支援

支援内容

路線バス(西鉄バス中間線)の赤字補てん

市内を走る路線バスは、自家用車の普及や少子高齢化等によって年々利用者数が減少し、一旦は路線廃止が検討されましたが、中間市バス対策協議会において必要不可欠な生活交通路線であると認められ、平成21年4月から中間市がバス事業者に赤字補填を行うことによって運行を継続しています。

今後、公共交通が縮小されると、運転免許を持たない学生や高齢者の移動に制約が生じ、通学、買い物や通院など、日常生活に大きな影響が出ます。誰もが安心で利用しやすい交通環境を維持するためには、今ある地域の公共交通を積極的に利用し、地域で守っていくことが重要です。

今後も路線バスの運行を継続するために、積極的なご利用をお願いします。

運行経費の推移

運行期間

輸送人員

運行収支

国・県

補助額

市補助額

平成21年4月~平成21年9月

114,632人

▲6,319千円

0千円

6,319千円

平成21年10月~平成22年9月

221,123人

▲11,144千円

0千円

11,144千円

平成22年10月~平成23年9月

211,254人

▲13,657千円

2,170千円

11,487千円

平成23年10月~平成24年9月

201,351人

▲13,854千円

4,307千円

9,547千円

平成24年10月~平成25年9月

189,692人

▲15,079千円

3,228千円

11,851千円

平成25年10月~平成26年9月

183,080人

▲15,441千円

3,491千円

11,950千円

平成26年10月~平成27年9月

167,932人

▲17,668千円

6,261千円

11,407千円

平成27年10月~平成28年9月

164,790人

▲18,940千円

5,025千円

13,915千円

平成28年10月~平成29年9月

162,516人

▲19,519千円

5,785千円

13,734千円

平成29年10月~平成30年9月

153,556人

▲20,925千円

5,537千円

15,388千円

平成30年10月~令和01年9月

157,937人

▲20,204千円

5,350千円

15,054千円

令和01年10月~令和02年9月

126,529人

▲25,434千円

25,434千円

0千円

筑豊電気鉄道線の設備整備費に対する支援

鉄道利用者の安全性、利便性等を向上させるため、自動列車停止装置(ATS)の整備やレール・マクラギの交換など、鉄道事業者が行う安全性向上設備の整備に要する経費の一部を国、県、沿線自治体とともに補助しています。

安全性向上設備の整備状況

年度

国補助額

県補助額

他市補助額

中間市

補助額

主な事業内容

平成20年度

15,667千円

7,833千円

6,345千円

1,488千円

落石防止工事

平成21年度

16,301千円

8,150千円

6,602千円

1,548千円

レールの重軌条化、落石防止工事

平成22年度

15,690千円

7,845千円

6,355千円

1,490千円

レールの重軌条化

平成23年度

15,787千円

7,893千円

6,394千円

1,499千円

安全輸送設備、レールの重軌条化

平成24年度

25,295千円

12,647千円

10,244千円

2,403千円

安全輸送設備、PC枕木化

平成25年度

23,465千円

11,732千円

9,503千円

2,229千円

安全輸送設備、PC枕木化

平成26年度

172,284千円

127,937千円

152,371千円

35,740千円

安全輸送設備、車両更新、ICカードシステム導入

平成27年度

217,660千円

140,106千円

164,152千円

38,501千円

安全輸送設備、車両更新、橋側歩道

平成28年度

162,311千円

103,169千円

119,295千円

27,980千円

安全輸送設備、車両更新、橋側歩道

平成29年度

103,201千円

64,934千円

74,196千円

17,404千円

車両更新、線路設備更新、変電所設備更新

平成30年度

22,211千円

11,106千円

8,999千円

2,215千円

線路設備更新、車両設備更新

令和01年度

16,530千円

11,159千円

9,491千円

2,224千円

車両設備更新、変電所設備更新

令和02年度

26,200千円

11,664千円

12,148千円

2,844千円

線路設備更新、車両設備更新

中間市コミュニティバスの赤字補てん

中間市のコミュニティバスは、市内のタクシー事業者に運行をお願いしています。運賃収入だけでは運行を維持することは困難ですので、赤字分を中間市が補てんすることで運行を維持しています。

中間南校区(フレンドリー号)

太賀・朝霧系統

運行期間

運行経費

(円)

運賃収入

(円)

市補てん額

(円)

収支率

(%)

平成27年10月~平成28年9月

1,185,215

160,900

1,024,315

13.58

平成28年10月~平成29年9月

1,199,930

172,100

1,027,830

14.34

平成29年10月~平成30年9月

1,340,200

249,000

1,091,200

18.58

平成30年10月~令和01年9月

1,366,724

241,100

1,125,624

17.64

令和01年10月~令和02年9月

1,408,824

193,500

1,215,324

13.73

通谷・桜台系統

運行期間

運行経費

(円)

運賃収入

(円)

市補てん額

(円)

収支率

(%)

平成27年10月~平成28年9月

1,292,098

148,400

1,143,698

11.49

平成28年10月~平成29年9月

1,277,499

156,300

1,121,199

12.23

平成29年10月~平成30年9月

1,316,000

245,300

1,070,700

18.64

平成30年10月~令和01年9月

1,399,640

307,700

1,091,940

21.98

令和01年10月~令和02年9月

1,418,514

252,000

1,166,514

17.77

底井野校区(なかよし号)

垣生・下大隈系統

運行期間

運行経費

(円)

運賃収入

(円)

市補てん額

(円)

収支率

(%)

運行率

(%)

平成28年10月~平成29年9月

470,390

86,100

384,290

18.30

45.8

平成29年10月~平成30年9月

541,580

107,100

434,480

19.78

50.8

平成30年10月~令和01年9月

482,700

108,200

374,500

22.42

42.2

令和01年10月~令和02年9月

333,240

73,400

259,840

22.03

30.7

砂山・底井野系統

運行期間

運行経費

(円)

運賃収入

(円)

市補てん額

(円)

収支率

(%)

運行率

(%)

平成28年10月~平成29年9月

577,510

111,800

465,710

19.36

53.6

平成29年10月~平成30年9月

638,890

132,100

506,790

20.68

57.1

平成30年10月~令和01年9月

480,220

102,700

377,520

21.39

44.6

令和01年10月~令和02年9月

296,210

54,200

242,010

18.30

28.4

 

お問い合わせ

所属課室:建設産業部都市計画課交通対策係

中間市中間一丁目1番1号

電話:093-246-6155

ファクス:093-244-1342