ホーム > 暮らしのガイド > 上下水道・都市計画 > 下水道 > 公共下水道 > 直接投入型ディスポーザの社会実験

ここから本文です。

更新日:2021年8月13日

直接投入型ディスポーザの社会実験

社会実験の目的

 台所からでる生ごみ処理による

  • 高齢者のごみ出し作業の軽減
  • ごみの減量化による行政コストの低減
  • 家庭内やごみステーションにおける悪臭の改善
  • CO2削減、エネルギー資源の回収など環境問題の改善

社会実験の内容

下水道管に直接投入する直接投入型ディスポーザの使用許可検証のため、中間市と株式会社フロム工業が協定を結び、共同で社会実験を行うものです。

この社会実験は、中間市民に参加してもらい、株式会社フロム工業製直接投入型ディスポーザを市内に50基設置使用した場合の家庭内排水管、公共下水道管きょ及び処理施設等への影響を確認・検証し、直接投入型ディスポーザの本格導入許可の検証及び評価を行うものです。

社会実験の期間等

  • 参加者の募集は、令和3年7月19日から行い、先着順とします。
  • 社会実験の期間は、令和3年10月1日から令和4年9月30日です。
  • 社会実験の結果は、検証後に市ホームページ等で公開します。

 

株式会社フロム工業

福岡県中間市上底井野422-5

電話(093)244-2061

社会実験参加者募集のお知らせ(PDF:1,353KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境上下水道部下水道課業務係

中間市中間一丁目1番1号

電話:093-246-6256

ファクス:093-243-1802