ここから本文です。

更新日:2021年3月1日

スポーツ振興くじ(toto)助成事業

スポーツ振興くじ(toto)って?

スポーツ振興くじ(toto)は、子どもからお年寄りまで誰もが身近にスポーツに親しめる環境整備や、国際競技力向上のための環境整備など、新たなスポーツ振興政策を実施するため、その財源確保の手段として導入されたものです。

助成を受けて実施した事業

中間市でもtotoの助成を受けた事業を実施しています。

施設整備

  • 中間仰木彬記念球場(天然芝張替整備)
  • ジョイパル庭球場(人工芝張替整備)
  • 中間仰木彬記念球場横トイレ改修工事

スポーツ大会等の開催

中間市では、毎年10月をスポーツ月間として位置付け、「なかまスポーツフェスタ」を開催しています。この期間中は、「ニュースポーツアジャタ(玉入れ競技)」をはじめ、ソフトテニス・バレーボール・ゲートボールなどの各種大会やバドミントン・サッカー教室などがひらかれます。ふるってご参加ください。

令和元年度事業実績

 

1.なかまスポーツフェスタ2019

令和元年度は、10月6日に「なかまスポーツフェスタ2019」の総合開会式が行われ、「ニュースポーツアジャタ(玉入れ競技)」を実施いたしました。試合は大いに盛り上がり、特に決勝戦では白熱した試合が行われました。各優勝チームには中間市産の米俵等が用意され、授与の際、会場は喜びと拍手に包まれていました。さらに、中間市は日本体育大学と体育・スポーツ振興に関する協定を締結しており、準備体操として日本体育大学制作の中間市オリジナル体操を参加者全員でを行うなど、例年以上に大盛況のイベントになりました。

 

中間市では、来年もスポーツフェスタの実施を予定しております。地域・職場・学校などの皆さんでチームを結成してキングの栄冠を手にしましょう。

そのほか、例年10月のスポーツフェスタ月間中にはバレー、テニス、相撲、ペタングなどの大会やバトミントン、サッカー教室を開催します。興味のある方は是非ご参加ください。

syashin

 

2.中間仰木彬記念球場横トイレ改修工事

改修前のトイレは和式が多く、高齢者や障がい者が円滑に利用できない構造でありましたが、改修後は、便器も洋式となり、多目的ブースでは車いすでも利用可能になりました。

また、球場内からトイレまでの動線もバリアフリー化され、高齢者等がトイレを円滑に利用できるようになりました。今後は、球場を利用する方だけではなく、球場に応援にきた高齢者をはじめとする全ての方が快適に利用できるトイレとなりました。中間仰木彬記念球場横トイレ写真

 

お問い合わせ

所属課室:教育部生涯学習課スポーツ振興係

中間市通谷一丁目36番10号

電話:093-246-6224

ファクス:093-246-5020