ホーム > 産業・観光 > 農業 > 農業委員会 > 農業者年金制度

ここから本文です。

更新日:2012年3月15日

農業者年金制度

農業者年金制度は、農業者の生涯所得の充実や老後生活の安定のために、また農業の担い手確保のために、国民年金の上乗せ年金として創設されたものです。

自分で積み立てていく保険料とその運用益によって、将来受給する年金が決まるもので、加入者や受給者数などの影響を受けにくい、長期的に安定した制度です。

対象者

以下の要件を満たす人であれば、どなたでも加入できます。農地を持っていない農業者や家族従事者も加入できます。

  • 国民年金の第1号被保険者
  • 年間60日以上農業に従事する人
  • 60歳未満の人

保険料

保険料の設定

保険料は、加入者自身が自由に選択できます。

毎月の保険料は、20,000円から67,000円まで、1,000円単位で選択できます。

また、いつでも見直すことができます。

保険料の助成

認定農業者や青色申告者など、一定の要件を備えた意欲ある担い手は、保険料(月額2万円)の2割、3割、5割の政策支援(保険料の国庫補助)が受けられます。

税制面での優遇

保険料は、全額社会保険料控除(所得控除)の対象となります。また、受け取る年金も、公的年金控除の対象となります。

年金

年金は終身受給できます。

もしも、加入者や受給者が80歳前に亡くなった場合でも、80歳まで受け取れるはずの年金額を、死亡一時金として遺族が受け取ることができます。

加入方法・手続き先

北九州農業協同組合中間支店

福岡県中間市中間三丁目4-12
TEL:093-245-0102
FAX:093-245-5888

窓口営業時間

月~金曜日
9時00分~16時00分

時間帯によりお取扱内容が異なります。詳しくは窓口へお問合せください。
土・日・祝日および年末年始(12月31日~1月3日)は休業となります。

お問い合わせ

所属課室:建設産業部産業振興課農政振興係

中間市中間一丁目1番1号

電話:093-246-6235

ファクス:093-244-1342

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?