ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

手続きと届け出

加入手続き

国民年金の加入の仕方や、保険料の納め方は、職業などにより分かれています。

加入種別 加入手続き 加入届け出先 納付方法
第1号被保険者 市町村の国民年金担当窓口で行います。 市民課年金係

日本年金機構から納付書が送付されます。銀行や郵便局などの金融機関、指定コンビニ窓口で納めてください。口座振替・クレジットカード・電子納付による納付もできます。

第2号被保険者 勤務先が行います。 勤務先 勤務先で、厚生年金の保険料を納めてください(給与から天引きされます)。
第3号被保険者 第2号被保険者の勤務先を通じて行います。 配偶者の勤務先 厚生年金制度が負担しますので、保険料を納める必要はありません。
任意加入被保険者 市町村の国民年金担当窓口で行います。 市民課年金係

保険料納付は口座振替になります。

 

こんなときは届け出を

以下の場合は、市民課年金係まで届け出をしてください。

20歳になったとき

日本国内に住所のある20歳から60歳未満の人は、すべて「国民年金」に加入します。20歳になったら、忘れずに加入の届け出をしましょう。

引越ししたとき

国民年金の第1号被保険者(自営業や農林漁業、学生など)で、他の市町村から中間市に引越し(転入)されたとき、市内で引越し(転居)されたときは、届け出をしてください。

会社などを退職したとき

会社などを退職して、厚生年金の資格を失ったときは、国民年金加入の届け出をしてください。

配偶者の扶養から外れたとき

配偶者の扶養から外れたときは、第3号被保険者から第1号被保険者への変更の届け出をしてください。

外国に転出するとき

第1号被保険者の人が外国に転出するときは、外国に居住している期間は国民年金の任意加入期間となります。任意加入される場合も、されない場合も、窓口で申し出てください。

お問い合わせ

所属課室:市民部市民課年金係

中間市中間一丁目1番1号

電話:093-246-6240

ファクス:093-244-9118

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?