ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総務部 > 企画課 > オープンデータ

本文

オープンデータ

ページID:0001635 更新日:2022年11月18日更新 印刷ページ表示

オープンデータとは、国や地方公共団体が保有するデータのうち、誰もが規約の範囲内で容易に利用(加工・編集・再配布等)できるよう、以下のいずれにも該当する形で公開されたデータを指します。

  1. 営利目的、非営利目的を問わず二次利用可能なルールが適用されたもの
  2. 機械判読に適したもの
  3. 無償で利用できるもの

オープンデータ活用の意義

国では、オープンデータ活用の意義を以下のように定義しています。

  1. 経済の活性化、新事業の創出
  2. 官民協働による公共サービス(防災・減災を含む。)の実現
  3. 行政の透明性・信頼性の向上
    自治体では、それらに加え、「公共データの公開とオープンデータの利活用により地域の課題を解決する」としています。

中間市の取り組み

中間市では、市政の透明性の向上、公開データの活用による地域経済の活性化などを目指し、データ分類・形式の共通化などの取組みを進めています。

中間市のオープンデータは、オープンデータカタログサイト(BODIK ODCS)で公開しています。

中間市オープンデータカタログサイト<外部リンク>

参考(総務省より)

オープンデータ普及啓発動画

オープンデータってなんだろう?<外部リンク>

全国各地のオープンデータ活用事例

オープンデータ取組事例100(資料一括ダウンロード)<外部リンク>

3枚目
2枚目

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

チャットボットなかっぱ