ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ネーミングライツ・パートナーが決定

ページID:0006190 更新日:2023年3月10日更新 印刷ページ表示

中間市は、企業と自治会を繋ぐ社会貢献事業として「中間市ネーミングライツ事業」をスタートしました。
​この事業で得た収益は「公園草刈り等報奨金」として自治会に交付し、自治会が管理する児童遊園(公園)の草刈り費用として活用されます。

2023年3月7日(火曜日)に行われたネーミングライツ・パートナー決定の記者発表には、ピザクックイメージキャラクターで「中間市未来のまちづくりアンバサダー」を務めるLinQの高木悠未さんと、銀河新星グレイト2がゲストとして登場。また、ピザクック2代目イメージキャラクターに就任した福岡ソフトバンクホークスの東浜巨選手からビデオメッセージも届きました。

企業と自治会を繋ぐ社会貢献事業をスタートさせた中間市は、ネーミングライツ・パートナーと連携して地域の課題解決に取り組んでいきます。

ネーミングライツ事業
写真左から、高木悠未さん、原野拓郎代表取締役社長、福田健次市長、銀河新星グレイト2

道路・緑道の新しい愛称が決定

ネーミングライツ・パートナー第1号の企業は、次の2社です。

  • 株式会社イワタダイナース(ピザクック)
  • グリーンプラザ開発株式会社

また、ネーミングライツ・パートナーからの提案により、対象となる道路・緑道の新愛称が決まりました。

ピザクック通り

株式会社イワタダイナース(ピザクック)が提案し、JR中間駅~筑豊電気鉄道通谷駅の道路の愛称が「ふれあい大通り」から「ピザクック通り」に変わります。「ピザクック通り」の愛称は、2023年3月から5年間使用されます。

イワタダイナース(ピザクック)と中間市は、「未来のまちづくりの協力」に関する連携協定締結をはじめこども110番事業への協力・市内マンホールへの広告掲出など協力してまちづくりを進めています。

やすらぎ通り

グリーンプラザ開発株式会社が提案し、現「やすらぎ通り」の愛称が引き続き使用されます。使用期間は2023年4月から5年間です。

関連リンク

【YouTube動画】ネーミングライツ・パートナーが決定<外部リンク>

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?

チャットボットなかっぱ